過去の展示 - 群馬県立日本絹の里

第42回企画展「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展・最終章」

「きものは豪華でなくても優雅であればいい。立派でなくても洒落たものであればいい」と語っていた池田重子さん(1925-2015)。東京・目黒にアンティーク着物を扱う「時代布と時代衣裳 池田」というお店を営みながら自身が心惹かれたものを蒐集し、1万点以上にもなる和装品の一大コレクションを築きました。その品々を現代の美意識に合うようコーディネートし「平成流」と銘打って展示した「日本のおしゃれ展」シリーズは、いずれも高い評価を受けてきました。
本展では、池田さん自身が2015年10月の逝去直前まで厳選・準備していたコーディネートを中心に、きもの文化の黄金時代といわれる大正末期から昭和初期にかけてのきものや帯、帯留、半衿などを展示します。池田重子コレクションによる「日本のおしゃれの極み」をご堪能ください。

【関連行事】

ギャラリートーク

①9月 8日(土)10:30~11:30
 講師:西端正明さん(布の教室 NOTE BOOK 代表)
9月30日(日)14:00~15:00 ※台風24号の影響で延期となりました
延期日時:10月7日(日)14:00~15:00

講師:池田由紀子さん(時代布と時代衣装 池田 店主)
内容:展示品について、故・池田重子さんのエピソードを交えながら解説します。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:予約不要

実演会「きものの伝統とおしゃれ」

日時:9月22日(土)13:30~15:30
講師:大久保信子さん(きものスタイリスト)
内容:TPOに合わせて、美しく、今風にきものを着こなすためのポイントをきものスタイリスト・大久保信子さんが実演・解説します。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
定員:120名
申込:※事前電話予約で満席となりましたので、受付を終了しました

無料体験「ハギレで作る小花のブローチ」

sakuhinreikobanaburo-chi 日程:9月16日(日)、9月23日(日・祝)、10月6日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館職員
内容:絹のハギレを使って、小さな花のブローチを作ります。
対象:針を使った簡単な手縫いの作業ができる方
持ち物:なし
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
定員:各回20名
申込:予約不要、当日各回30分前より受付



第84回特別展「生糸貿易の偉人とオールドノリタケ」

対米輸出など、生糸貿易で活躍した人物像を群馬ゆかりの人を中心に紹介するとともに、生糸と同様にアメリカへ輸出された繊細で芸術的なオールドノリタケを展示します。

【関連行事】

基調講演「明治時代の生糸貿易を支えた人びと―原三渓・小野光景・カスパー・ブレンワルド―」

日時:11月4日(日)13:30~15:00
講師:西川武臣氏(横浜開港資料館 館長)
内容:富岡製糸場を経営した原三渓、横浜生糸貿易商の小野光景、前橋製糸場の設立に協力したカスパー・ブレンワルドの3人を題材に生糸貿易と群馬の蚕糸業の発展を紹介します。
定員:100名
申込:電話予約(9月26日(水)9:30より受付開始)、先着順

ギャラリートーク

日時:10月13日(土)13:00~13:30
    11月11日(日)13:00~13:30
講師:竹内友章氏(オールドノリタケ研究家)
内容:展示品(オールドノリタケ)について解説します。

有料体験「糸締め技法で作るうさぎ太夫」

期日:①10月18日(木)、②11月18日(日)、③12月2日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:清水英寿氏(人形制作家)
内容:生地に木毛を詰め、糸で縛り、アイロンで形を成形する「糸締め技法」を学びながらうさぎのストラップを作ります。
定員:各回10名(先着順)
対象:高校生以上
費用:800円(高校生以上の方は観覧料も必要)
申込:要電話予約(申込は9月26日(水)9:30より受付開始)、先着順

うさぎ太夫


無料体験「星のオーナメント作り」

日程:①10月21日(日)、②11月3日(土・祝)、③11月23日(金・祝)、④12月1日(土)、⑤12月8日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館職員
内容:絹のハギレを使って星のかたちの飾りを作ります。
定員:各回20名(先着順)
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
申込:当日各回30分前より受付、先着順
星のオーナメント



夏休みこども展(日本絹の里第83回特別展)「学ぼうカイコ」

カイコの飼育量が全国一である群馬県。
そんな群馬県にふさわしい施設として夏休みのこども達に、カイコの生態から飼育方法など、カイコの色々なひみつを紹介します。

【関連行事】

【カイコ飼育セットの販売】

【合計350セット販売】

日時:7月21日(土)、22日(日)
時間:午前10時~午後4時
価格: 1セット 600円(材料費含む)
申込:電話でお申し込みください。
    (限定350セット、先着順) 6/20(水)午前9時30分から受付開始
内容:1セットあたり、カイコ12頭、人工飼料、飼育マニュアル、飼育日誌です。
    なお、カイコ12頭のうち、4~5頭は黄色い繭になるカイコが含まれます。

【カイコの飼育教室】

日時:7月21日(土)、22日(日)
時間:午前10時30分~午前11時、午前11時30分~12時、午後1時30分~2時
費用:無料
申込:カイコ飼育セットの申込時にお申し込みください。

無料体験 ※小中学生は無料、高校・大学生・大人は観覧料が必要です。

【カイコのペーパークラフト作り】

内容:手軽につくれるカイコのペーパークラフトです。
日程:7月16日(月・祝)、26日(木)、8月6日(月)、11日(土・祝)、15日(水)、26日(日)
時間:午前10時00分~12時、午後1時30分~3時30分
定員:各回30名(1日60名)
申込:当日30分前より受付(先着順)

【絹のしおり作り】

内容:絹のハギレを使って、簡単なしおりを作ります。
日程:7月15日(日)、28日(土)、8月2日(木)、13日(月)、16日(木)、23日(木)
時間:午前10時00分~12時、午後1時30分~3時30分
定員:各回30名(1日60名)
申込:当日30分前より受付(先着順)

【絹糸のくるくるブレスレット作り】

内容:ストローを使って、簡単な絹糸のブレスレットを作ります。
日程:7月19日(木)、30日(月)、8月9日(木)、18日(土)、25日(土)
時間:午前10時00分~12時、午後1時30分~3時30分
定員:各回30名(1日60名)
申込:当日30分前より受付(先着順)

【桑くれ体験】

日時・定員:特別展開催期間中、カイコの状況で可能な限り受け付けます。
申込:会場にて随時

【解説員による特別解説会】

日時:特別展開催期間中、午前11時~12時まで展示会場において毎日開催します。
   ※その他の時間帯でも、随時受付可能です。

【カイコを描こう!】

内容:カイコを観察しながら、絵を描いてみてください。作品は、館内で掲示させていただきます。
日程:特別展開催期間中、毎日実施します。

【カイコクイズ】

内容:ご来館の中学生までの方にクイズ用紙をお配りします。カイコについてのクイズに答えて、記念品をゲットしてください。
日程:特別展開催期間中、毎日実施します。



第41回企画展「竹久夢二」

本展では、竹久夢二という大正ロマンを代表する画家をテーマにし、夢二が描いた着物姿の美人画や、デザイナーとして手がけた浴衣や半襟などの図案を展示し、明治後期から昭和初期にかけて多くの人々に愛された夢二の筆致から、和装文化の魅力を紹介します。 主な展示品として、竹久夢二伊香保記念館の所蔵品の中から、美人画の肉筆作品「壺屋の夏」(絹本着色)や、糸を紡ぐ女性を描いた「思出の小春」などの名作を展示いたします。また、竹久夢二自身が伊香保・榛名といった地に親しみを持ち、多くの作品を残していたことから、群馬県とのゆかりについても紹介します。

【関連行事】 

展示解説会

5月26日(土)11時00分~11時30分 講師:塩川 香峰子さん(竹久夢二伊香保記念館理事長)
6月16日(土)14時00分~14時30分 講師:森 菜摘さん(竹久夢二伊香保記念館学芸員) 
内容:展示品や竹久夢二の人物像などについて、展示品を鑑賞しながらお話しします。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)

講演会「夢二と伊香保」

日程:6月24日(日)
時間:14時00分~15時30分
内容:竹久夢二と伊香保の関連などについてお話しします。
講師:木暮 享さん(竹久夢二伊香保記念館館長)
    塩川 香峰子さん(竹久夢二伊香保記念館理事長)
定員:100名(先着順)
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:電話による事前予約(5月3日(木・祝)9時30分から受付開始)

染色体験「夢二図案のろうけつ染スカーフ」

09 染色体験「夢二図案のろうけつ染スカーフ」作品例
日程:6月3日(日)、6月21日(木)
時間:10時00分~12時00分、13時30分~15時30分
内容:夢二がデザインした半襟「玉椿」の図案を絹のスカーフ(約55cm四方)に染色します。
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
講師:当館染色講師
定員:各回8名(先着順)
費用:1,000円(高校生以上は観覧料も必要)
申込:電話による事前予約(5月3日(木・祝)9時30分から受付開始)

無料体験「アンティーク布で作るネコの根付け」

10 無料体験「アンティーク布で作るネコの根付け」作品例

日程:6月2日(土)、6月10日(日)、7月1日(日)
時間:10時00分~12時00分、13時30分~15時30分
内容:古い着物のきれを使ってネコの顔の形の根付けを作ります。
講師:当館職員
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回20名(先着順)
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:当日各回30分前より受付



第82特別展「日本絹の里 収蔵品展」

日本絹の里 収蔵品展

開館20周年を記念し、購入・寄贈等により収蔵した資料の中から、和装や洋装、小物といった絹製品を中心に養蚕道具など様々な各分野にわたり展示・紹介します。

【関連行事】

開館20周年感謝祭

日程:4月21日(土)、22日(日)※入館無料
行事:きものショー、春駒の披露 4月21日(土)
   寄席「落語家 林家つる子(高崎市出身)」4月22日(日)
屋外:豚汁の無料配布、桑ジェラートの無料配布、ポップコーンの無料配布、
   農産物・加工品の販売、しだれ桑の販売、ぐんまちゃんと遊ぼう
くわしくはこちらをご覧ください。
kinunosato20th


着付け体験

日程:5月13日(日)
内容:手ぶらで気軽にきもの着付け体験ができます。
着付け:装道礼法きもの学院 群馬県認可連盟
時間:10:00〜16:00
参加費:無料(高校生以上は観覧料が必要です)
申込:当日会場にて受付

無料体験「繭玉の花一輪ストラップ作り」

日時:4月15日(日)、29日(日)、5月4日(金・祝)
内容:繭1個を使って簡単なお花のストラップを作ります。
時間:10:00~12:00、13:30〜15:30
定員:各回20名
参加費:無料(高校生以上は観覧料が必要です)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)

無料体験「スタンプ染め」

日程:4月28日(土)、5月3日(木・祝)
内容:スタンプを押すように、白生地(B5サイズ程度)に布用インクで模様を染めます。
時間:10:00~12:00、13:30〜15:30
定員:各回20名
参加費:無料(高校生以上は観覧料が必要です)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)

無料体験「裂き織りコースター」

日程:4月30日(月・祝)、5月5日(土・祝)
内容:絹のハギレを裂いたものをよこ糸としてコースターを作ります。
時間:10:00~12:00、13:30〜15:30
定員:各回20名
参加費:無料(高校生以上は観覧料が必要です)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)

有料体験「裂き織りテトラポーチ作り」

日程:5月18日(金)
内容:絹のハギレを細く裂いたものをよこ糸として織りあげ、テトラポット型のポーチを作ります。
時間:10:00~12:00、13:30〜15:30
定員:各回8名
参加費:500円(材料費含む、高校生以上は観覧料も必要です)
申込:電話予約(3月14日(水)午前9時30分受付開始、先着順)
対象:高校生以上