過去の展示 - 群馬県立日本絹の里

第39回企画展「能装束でみる群馬の能」

能は、室町時代に観阿弥、世阿弥の父子によって大成され、600年以上受け継がれてきた日本が誇る舞台芸術です。本展では、前橋藩松平家の能装束や面、県内の謡蹟(ようせき)として知られる「鉢木」(はちのき)や「船橋」、世界遺産「富岡製糸場」でかつて能が演じられた歴史など県内各地と能との関わりをもとに展示を構成し、皆様方にも知られたものとして「道成寺」の舞台や衣装をシンボル展示して、伝統の舞台を彩った優雅な能装束などをご覧いただきます。

【関連行事】 参加費:無料(高校生以上は要観覧料)

ギャラリートーク

日程:6月4日(日)
時間:13時30分~14時00分
内容:展示の、装束・能面・扇などの品を解説します。
講師:下平克宏能楽師

能装束の着付解説

日程:6月4日(日)、7月2日(日)
時間:14時00分~15時00分
内容:能装束の着付を解説します。
講師:下平克宏能楽師、大槻崇充能楽師

体験「能入門 謡と仕舞」

日程:6月11日(日)、6月25日(日)、7月9日(日)
時間:14時00分~15時00分
内容:謡と仕舞を体験して頂きます。「謡」とは、能のセリフとコーラス部分を独自の節に合わせて歌うもの、「仕舞」とは、能の舞の見せ場となる部分を抜き出し装束は付けずに演じる舞のことです。
対象:中学生以上
講師:大槻崇充能楽師
定員:各回25名(先着順)
申込:電話による事前予約(5月3日(水)9:30から受付開始)

講演「萩原朔太郎とブルーノ・タウトが愛した能」

日程:6月17日(土)
時間:14:00~15:30
内容:本県ゆかりの萩原朔太郎とブルーノ・タウト(ドイツ人建築家)それぞれが愛した能との関わりをお話します。
講師:手島 仁(前橋市文化スポーツ観光部参事)
定員:100名(先着順)
申込:電話による事前予約(5月3日(水)9:30から受付開始)

講演「風姿花伝(ふうしかでん)を読む」

日程:6月18日(日)
時間:14:00~15:00
内容:風姿花伝は、室町時代に、世阿弥により能の理論書として書かれましたが人生論として読むことも出来ます。講師と共に読み解いてみましょう。
講師:下平克宏能楽師
定員:100名(先着順)
申込:電話による事前予約(5月3日(水)9:30から受付開始)

手織り体験「縫い取り技法を用いたコースター織り」

日程:6月3日(土)、6月24日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
内容:能装束に用いられている織り技法の一つである縫い取り技法を用いてコースターを織ります。
講師:当館専任講師
大きさ:約11㎝×11㎝(本体部分)
対象:高校生以上
定員:各回8名(先着順)
費用:320円
申込:電話による事前予約(5月3日(水)9:30から受付開始)

染色体験「金彩加工の小風呂敷作り」

日程:6月10日(土)、7月1日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
内容:染料で地色を染色後、能装束に関連した文様を金彩加工します。
講師:当館職員
大きさ:約50㎝×50㎝
対象:中学生以上
定員:各回8名(先着順)
費用:1,000円
申込:電話による事前予約(5月3日(水)9:30から受付開始)



第38企画展「日本の美・きらめき~パッチワークキルト三作家展~」

日本の美・きらめき

キルトとは、表地と裏地の間に薄い綿を入れ、重ねた状態で刺し縫いしたもので、1970年代にアメリカから日本へ伝わり、現在では国内の愛好家が300万人を超えるとも言われています。日本では多色の布を縫い合わせて1枚の表地をつくるパッチワークキルトが主流で、様々な異なる魅力をもったハギレが使用されています。 本展では、小尾節子・宮谷真知子・吉田サチ子という、異なる個性を持った国内の3人のキルト作家による三者三様の作品をご紹介します。3作家とも絹の着物の裂などの「日本の布」を使い、それぞれの個性がきらめく作品制作を行って国内外の展覧会で活躍しています。国外発祥の「キルト」を日本の素材や作家の感性で昇華し、日本的な美しさと個性あふれる作品を制作している3作家の作品をお楽しみください。

IMG_7977
IMG_7989
IMG_7988

【関連行事】

ギャラリートーク

日時・講師:
①4月14日(金)   13:30~14:00 講師:吉田サチ子
②4月16日(日)   13:30~14:00 講師:宮谷真知子
③4月17日(月)   11:00~11:30 講師:宮谷真知子
④4月29日(土・祝)13:30~14:00 講師:吉田サチ子
⑤5月 8日(月)   13:30~14:00 講師:宮谷真知子
⑥5月13日(土)   10:00~10:30 講師:吉田サチ子
⑦5月20日(土)   13:30~14:00 講師:小尾 節子
内容:キルト作家が自身の作品の解説を行います。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)

ワークショップ

ワークショップ「飾りボタンのチョーカー」 講師:宮谷真知子

日程:4月16日(日)、5月8日(月)
時間:14:30〜16:30(所要時間1時間程度)
内容:プラスチック製のボタンを布でくるみ、ゴムひもで首からさげるアクセサリーを作ります。
費用:500円(高校生以上は観覧料も必要です)
持ち物:なし
定員:各回20名
対象:小学校4年生以上(手縫いができる方)
申込:当日30分前より受付(先着順)

ワークショップ「パッチワークのちいさなバッグ」 講師:吉田サチ子

日時:5月13日(土)11:00~14:30(途中昼食休憩をとります)
内容:和布を使ってパッチワークの可愛いバッグを作ります。
費用:3500円(別途観覧料が必要です)
大きさ:約 縦21×横27cm(本体部分)
持ち物:パッチワーク用の針、絹糸など(詳細は返信ハガキでお知らせします)
定員:各回25名
対象:高校生以上
申込:往復はがきの往信の文面に「①氏名、②郵便番号・住所、③電話番号」、返信の宛名面に返信用住所・氏名を明記の上、日本絹の里「パッチワークのちいさなバッグ」係あてに送付してください。 
※応募者多数の場合は抽選となります。
申込締切:4月21日(金)必着

無料体験「和布の飾りヘアゴム」 講師:当館職員

日程:4月22日(土)、30日(日)、5月4日(木・祝)、7日(日)
時間:10:00~12:00、13:30〜15:30
内容:手縫いで作るヨーヨーやお子様にも簡単に作れるくるみボタンで、ヘアゴムやブレスレットとして使えるアクセサリーを作ります。
定員:各回20名
対象:どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)



第77回特別展「まゆクラフトと絹の作品展」

まゆクラフトと絹の作品展

 本展では、繭の丸みや表面の凹凸など、繭の特性を活かして作るまゆクラフト作品を一般公募し、繭の優れた魅力を皆様にご紹介いたします。
 また、伝統技法等により染織などの作品を創作している工芸作家と日本絹の里友の会会員の作品として、絹を用いた染色、織物、人形、刺繍などを展示し、より多くの方々に天然素材である絹の素晴らしさを知っていただく機会とします。

【関連行事】

「友の会」工芸品即売会

日程:平成28年3月25日(土)・26日(日)
時間:10:00~16:00
内容:友の会会員による手作り絹製品等の販売
※即売会のみご来場の方は観覧料不要

まゆクラフト無料体験 (高校生以上は観覧料が必要です)

日程:2月26日(日)、3月5日(日)、11日(土)、18日(土)
時間:10:00〜12:00、13:00〜15:00
内容:繭を使って、トリを作ります。
定員:各回20名
申込:当日各回30分前より受付(先着順)
IMG_6530

無料体験「ぐんまちゃんの桑の木ストラップづくり」

日程:2月18日(土)、3月20日(月・祝)
時間:10:00〜12:00、13:30〜15:30
内容:桑の幹に色を塗り、ストラップを作ります。
定員:各回20名
申込:当日各回30分前より受付(先着順)
ぐんまちゃんストラップ

手織り体験「カード入れ作り」

日程:2月27日(月)、3月19日(日)
時間:10:00〜12:00、13:30〜15:30
内容:用途にあった織り方を学びながらカード入れを作ります。
大きさ:約 縦7cm×横12cm
対象:高校生以上
定員:各回10名
費用:530円(高校生以上は観覧料も必要です)
申込:電話による事前予約(2月1日(水)9:30から受付開始、先着順)
IMG_6532

染色体験「マンダラ模様のタイダイ染」

日程:3月1日(水)、12日(日)、27日(月)、4月2日(日)
時間:10:00〜12:00、13:30〜15:30
内容:折りたたんだスカーフに筆で染料を染みこませ、マンダラのような円形の幾何学模様を染めます。
大きさ:約 縦60cm×横60cm
対象:小学生以上(小学校4年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回8名
費用:1,850円(高校生以上は観覧料も必要です)
申込:電話による事前予約(2月1日(水)9:30から受付開始、先着順)
マンダラ模様のタイダイ染

まゆクラフト体験「五月飾り」

日程:3月4日(土)、4月3日(月)
時間:10:00〜12:00、13:30〜15:30
内容:繭を使って、鯉と兜やお花の飾りが付いたミニ屏風を作ります。
対象:中学生以上
定員:各回20名
費用:500円(高校生以上は観覧料も必要です)
申込:電話による事前予約(2月1日(水)9:30から受付開始、先着順)
IMG_6522



第18回「群馬の絹」展

第18回群馬の絹展

 「群馬の絹」展は、永い歴史と伝統に培われた染織や最新の加工、製造技術を駆使して創り上げた、優れた織物、ニット、工芸品などの絹製品を一堂に集めて、県民をはじめ、県内外の関係者、消費者の皆様に広く紹介し、「群馬の絹」を“実感”していただき、蚕糸絹業の活性化、絹の需要拡大を図ることを目的に開催します。
 また、来場者の皆様に絹への理解を深めていただくため、「群馬の絹」製品の販売並びに織り、藍染め、繭クラフト、しおり、などの絹製品作り体験、きもの着付け体験教室や桑まんじゅう、桑カステラ・桑茶の販売を行います。

【開催内容】

主な展示品

◎群馬の絹を使用した織物、ニット等の各種絹製品
◎開発がすすめられている新しい絹糸素材や絹製品
◎群馬の繭・絹を使用した工芸品
◎群馬の繭・生糸・絹糸の実物及び写真、パネル
◎その他

【絹製品作り体験】

織り(コースター作り)体験

日程:2月10日(金)、11日(土・祝)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 ※定員に達し次第終了
(但し、受付は午前が11:00まで、午後が14:30まで)
会場:2階会議室
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴が必要)
定員:各回10名(先着) 2日間計40名 ※当日受付
費用:320円(材料費)

藍染め(インド藍)体験

日程:2月9日(木)、12日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 ※定員に達し次第終了
会場:染色体験室
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回20名(先着) 2日間計80名 ※当日受付
費用:無料(但し、材料の絹布はシルクショップで購入する)
その他:希望者には藍、小鮒草の種子を無料配布します。各日40名

繭クラフト(簡単な雪繭だるま)作り体験

日程:2月9日(木)、13日(月)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 ※定員に達し次第終了
会場:常設展示室
定員:各回20名(先着) 2日間計80名 ※当日受付
費用:無料

しおり作り体験

日時:2月11日(土・祝)、14日(火)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 ※定員に達し次第終了
会場:常設展示室
定員:各回20名(先着) 2日間計80名 ※当日受付
費用:無料

きもの着付け体験

日程:2月9日(木)~14日(火)
時間:10:00~16:00(最終日は15:00まで)
会場:常設展示室
定員:希望者(先着)※当日受付
費用:無料(記念写真撮影100円/1枚)
協力:装道礼法きもの学院群馬県認可連盟

桑まんじゅう・桑カステラ・桑茶の販売

日時:2月11日(土・祝)、12日(日)11:00~15:00
会場:ロビー
協力:富岡おやき いと



第76回特別展「かいこが紡ぐことばと生活展」

「身上(家財、財産)をつくるのもつぶすのも蚕」といわれた程、蚕は群馬の農村経済を支える柱であり、人々は蚕を大切に「オコサマ」「オカイコサマ」「オカイコ」と尊称で呼んできました。 本展では、群馬県そして日本全国の養蚕業について理解度を深めていただくために、養蚕によって育まれた「養蚕ことば」を視覚化して紹介します。

関連行事

【ギャラリートーク】

開催日:第1回 12月10日(土)・第2回 1月22日(日)
時間・内容:「写真に切り取った群馬の養蚕」13時30分~14時
        講師:大浦佳代(写真家)
        「群馬の養蚕とことば」14時~14時30分
        講師:新井小枝子(群馬県立女子大学文学部国文学科准教授)
場所:企画展示室
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:当日会場にお越しください。

【お正月お年玉福引き】

開催日:1月3日(火)※臨時開館日
時間:午前9時30分~午後5時
内容:当日、観覧者を対象にくじ引きを行い、人形作家・竹本京さん作のお細工物や絹の里オリジナルグッズなどをその場でプレゼントします。
場所:企画展示室
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:当日会場にお越しください。

【無料体験 繭玉飾り体験】

開催日:1月21日(土)
時間:午前10時~12時、午後1時30分〜3時30分
内容:小さな枝に繭を飾りつけお持ち帰り頂けます。
場所:企画展示室
定員:各回20名
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)

【無料体験 鈴付き繭ストラップ作り】

開催日:12月17日(土)、1月8日(日)、14日(土)、2月4日(土)
時間:午前10時~12時、午後1時30分〜3時30分
内容:繭1個を使用した、簡単にできるストラップ作り。
場所:企画展示室
定員:各回30名
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:当日各回30分前より受付(先着順)
鈴付き繭ストラップ

【有料体験 ちりめん「小風呂敷」型染体験】

開催日:12月18日(日)、1月12日(木)、1月28日(土)
時間:午前10時~12時、午後1時30分〜3時30分
内容:繭玉や桑の葉などのオリジナル型紙を使用した型染体験。
定員:各回10名
費用:2,000円(高校生以上は観覧料が必要です。)
申込:要電話予約(11月16日午前9時30分から受付開始、先着順)
「小風呂敷」型染め体験



第37回企画展「宝塚歌劇衣装展~華麗なる舞台衣装~」

宝塚歌劇は、日本の演劇史上に輝かしい軌跡を残し、多くの人々に夢と感動を与え続けています。そのおよそ100年の歴史の中で、多くのスターを生み出し、常に新たな可能性に挑み進化し続ける宝塚歌劇の華麗なる舞台衣装の世界をご紹介します。

【関連行事】

トークショー

日時:10月30日(日) 14:00~15:00
講師:遠山昌子さん(元宝塚歌劇団宙組男役・遥海おおら さん/赤城フーズ株式会社常務取締役)
内容:宝塚時代の思い出や当時のエピソードなどをお話ししていただきます。
定員:140名(先着順) ※好評につき定員数を増やしました。残りあとわずかです。

費用:無料(高校生以上の方は観覧料が必要)
申込:要電話予約(先着順)(申込は9月15日(木)9:30より)
遠山昌子さん

ワークショップ「宝塚歌劇の仮面を作ろう」

日時:①11月5日(土) 13:30~16:30 ※満員のため、現在キャンセル待ち受付中
    ②11月6日(日) 9:30~12:30 ※満員のため、現在キャンセル待ち受付中
追加開催:③11月6日(日) 14:00~17:00 ※満員のため、現在キャンセル待ち受付中
(予約状況:10月28日更新)
講師:製作スタッフ
内容:宝塚歌劇の舞台小道具のひとつである仮面を作ります。
定員:各回30名(先着順)
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴が必要)
費用:1,500円(高校生以上の方は観覧料が必要)
申込:要電話予約(先着順)(申込は9月15日(木)9:30より)
workshopkamen

型染体験「すみれの花のスカーフ」

日程:10月22日(土)、11月13日(日)、23日(水・祝)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館染色講師
内容:宝塚歌劇のシンボル「すみれの花」をモチーフにして、スカーフ(約50cm四方)に型染をします。
定員:各回10名(先着順)
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴が必要)
費用:700円(高校生以上の方は観覧料が必要)
申込:要電話予約(先着順)(申込は9月15日(木)9:30より)
katasomesumire

無料体験「すみれの花のステンシル染め」

日程:11月3日(木・祝)、18日(金)、27日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館染色講師
内容:「すみれの花」の型紙で、絹のはぎれ(約B6サイズ)にすみれの柄を染色します。
    (10~15分程度)
定員:各回50名(先着順)
費用:無料(高校生以上の方は観覧料が必要)
申込:予約不要(当日会場へお越しください)
stencilsumire

写真撮影コーナー

日程:展示期間中毎日
時間:9:30~17:00
内容:フィナーレ体験大階段(模型)が登場。背負い羽根をつけ、シャンシャンを持って記念撮影ができます。カメラ等をご持参ください。
費用:無料(高校生以上の方は観覧料が必要)
daikaidan