次回の展示 - 群馬県立日本絹の里

第42回企画展「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展・最終章」

「きものは豪華でなくても優雅であればいい。立派でなくても洒落たものであればいい」と語っていた池田重子さん(1925-2015)。東京・目黒にアンティーク着物を扱う「時代布と時代衣裳 池田」というお店を営みながら自身が心惹かれたものを蒐集し、1万点以上にもなる和装品の一大コレクションを築きました。その品々を現代の美意識に合うようコーディネートし「平成流」と銘打って展示した「日本のおしゃれ展」シリーズは、いずれも高い評価を受けてきました。
本展では、池田さん自身が2015年10月の逝去直前まで厳選・準備していたコーディネートを中心に、きもの文化の黄金時代といわれる大正末期から昭和初期にかけてのきものや帯、帯留、半衿などを展示します。池田重子コレクションによる「日本のおしゃれの極み」をご堪能ください。

【関連行事】

ギャラリートーク

①9月 8日(土)10:30~11:30
 講師:西端正明さん(布の教室 NOTE BOOK 代表)
②9月30日(日)14:00~15:00
 講師:池田由紀子さん(時代布と時代衣装 池田 店主)
内容:展示品について、故・池田重子さんのエピソードを交えながら解説します。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:予約不要

実演会「きものの伝統とおしゃれ」

日時:9月22日(土)13:30~15:30
講師:大久保信子さん(きものスタイリスト)
内容:TPOに合わせて、美しく、今風にきものを着こなすためのポイントをきものスタイリスト・大久保信子さんが実演・解説します。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
定員:120名
申込:電話予約(027-360-6300)※8月25日(土)9:30より受付開始、先着順

無料体験「ハギレで作る小花のブローチ」

sakuhinreikobanaburo-chi 日程:9月16日(日)、9月23日(日・祝)、10月6日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館職員
内容:絹のハギレを使って、小さな花のブローチを作ります。
対象:針を使った簡単な手縫いの作業ができる方
持ち物:なし
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
定員:各回20名
申込:予約不要、当日各回30分前より受付