次回の展示 - 群馬県立日本絹の里

第45回企画展「若槻せつ子コレクション 錦舞う打掛とキモノドレス」

本展では、刺繍・織り・染色・金彩など匠の手仕事が凝縮された花嫁衣装「打掛を展示いたします。特に、昭和のバブル期に贅をこらして作られた逸品をご紹介し、世界に誇れる日本人の美意識の高さと着物文化の魅力をご堪能いただきます。合わせて、ファッションディレクター若槻せつ子による、打掛をリメイクした「キモノドレス」をご覧いただきます。打掛とキモノドレス、伝統と現代のセンスの融合を会場にてお楽しみください。

【関連行事】※会場は全て日本絹の里です。


※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月1日(水)から2週間程度休館を延長させていただくこととなりました。
体験教室および関連行事については4月末まで休止させていただきます。
今後も、状況により休館を変更させていただく場合がございますので、詳細につきましては、このホームページをご覧いただくか、お問い合わせをいただきますようお願いいたします。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

初日挨拶と展示解説会 中止

日時:4月10日(金)11:00~11:30 中止
内容:企画展開催に際し、会場にて初日の挨拶および展示品の解説を行います。
講師:若槻せつ子
申込:不要、直接会場にお越しください。

トークプログラム「シルクとキモノ」

日時:5月3日(日)①11:30~12:00、②13:00~13:30
内容:蚕が生み出す絹糸から作られた、「打掛」や「キモノドレス」の魅力について、展示品の見所と合わせてお話しします。お子様から大人の方まで、お気軽にご参加ください。
講師:若槻せつ子
申込:不要、直接会場にお越しください。

無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」

日程:4月11日(土)、19日(日) 中止
   5月3日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 
内容:布用インクで絹のハギレ(ハガキサイズ程度)に吉祥模様を染めます。
講師:当館染色講師
対象:どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回20名
申込:予約不要、当日各回30分前より受付(先着順)
無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」

機織り体験「浮き織りコースター」

日程:4月23日(木) 中止、
   5月9日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 
内容:色鮮やかに染められた絹糸を使って、東京2020のエンブレムのモチーフにもなっている日本の伝統模様「市松模様」を入れたコースターを織ります。
講師:当館手織り講師
対象:中学生以上の方
参加費:600円(高校生以上の方は観覧料も必要)
定員:各回8名
申込:電話予約(3月28日(土)9:30より受付開始、先着順)
機織り体験「浮き織りコースター」

打掛試着体験

日程:会期中毎日 4月30日までは新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止
時間:9:30~17:00
内容:当館が所蔵する打掛(成人女性用)を着衣の上から羽織っていただきます。その場でご自由に撮影していただくこともできます。
申込:不要