令和2年度「繭から織物までの体験セミナー」 - 群馬県立日本絹の里

令和2年度「繭から織物までの体験セミナー」参加者募集


 日本絹の里では、絹織物を作るための、「座繰り」・「撚糸」・「精練」・「染色」・「手織り」の工程について、6日間のプログラムで専門家による講義や体験で学習したいただくセミナーを開催いたします。最終の「手織り」の体験では、自分たちで染めた絹糸で「テーブルセンター」を織ることができます。
 皆様のご参加をお待ちしております!!
R2-mayuoriseminar


R2繭から織物までの体験セミナー参加者募集



「繭から織物までの体験セミナー」日程

  体験日 体験内容 ポイント、備考
1日目 10/19(月) 講習:製糸技術の移り変わり、座繰り生糸の特徴
体験:上州座繰り器を使用しての繰糸体験、小枠から揚げ返し体験
繭の個数や繭の種類の違いによる生糸の風合いを学ぶ
2日目 10/22(木) 講習:撚糸・精練について、糸作りについて
体験:精練
繊度や撚糸の違いによる糸の風合いを学ぶ
3日目 10/26(月) 講習:織物について、糸について
体験:織物設計表の作成
織物と糸の関係について学ぶ
4日目 10/29(木) 講習:糸染めについて
体験:草木染でテーブルセンター用のよこ糸(綛状の絹糸)を染色します。
草木染の染料や媒染の違いによる色合いについて学ぶ
5・6日目 A班 
11/12(木)・13(金)

B班
11/16(月)・18(水)

C班
11/21(土)・22(日)
体験:糸巻き、手織りテーブルセンター織り(2本取り) ※専用の織機(3台)、参加者9名の中から3名1組に分けます。
※「テーブルセンター(約28cm×66cm)」を織り上げるには、2日程度必要なので、2日間とも都合のつくA~Cの班を、第2希望まで応募はがきにご記入ください。

受講生募集内容

会 場

日本絹の里(染色体験室、手織り体験室)

時 間

9:30~16:00
※2日目以降は10時~
※各工程により時間が変わることがあります

受講料

12,000円(教材費含む)※1日目に徴収いたします

募集人数

9名(応募者多数の場合は抽選となります)

対象者

18歳以上の方、6日間の日程全てに出席が可能な方

応募方法

往復ハガキの往信裏面に、①氏名(ふりがな)、②郵便番号・住所、③電話番号、④年齢、⑤5・6日目「手織り」のA~C班のうち希望の日程(第2希望まで)、
返信あて名面に、ご自身の郵便番号・住所、氏名
を記入のうえ、日本絹の里「繭から織物までの体験セミナー係」あてに送ってください。

募集締め切り

令和2年9月30日(水)必着