過去の展示 - 群馬県立日本絹の里

第94回特別展「江戸の押絵羽子板と上州の歌舞伎文化」

歌舞伎の隆盛とともに発達し装飾美が追究されてきた「押絵羽子板」と、群馬県内に残る伝統の歌舞伎衣裳や郷土歌舞伎の関連資料等を展示し、絹が欠かせない日本の伝統文化である「歌舞伎」、そして「押絵羽子板」の魅力を紹介します。

【関連行事】

※関連行事に参加される方は観覧料がかかります。
※会場は全て日本絹の里です。
※新型コロナウイルス感染症の発生状況により、変更になる場合がございます。
 直前にホームページ等でご確認いただきますようお願い致します。

展示解説と押絵羽子板制作実演会

日 時:11月8日(日)13:30 ~ 15:00
内 容:展示資料の解説と押絵羽子板の制作の実演を行います。
講 師:二代目 西山鴻月(押絵羽子板職人)、井田丈夫(羽子板収集家)、当館職員
申 込:不要、直接会場にお越しください

無料体験「梅の根付け作り」

日 程:11月22日(日)、11月29日(日)、12月12日(土)
時 間:10:00 ~ 12:00、13:30 ~ 15:30
内 容:着物のきれを使って花のかたちの根付けを作ります。
講 師:当館職員
対 象:小学校4年生以上の方
定 員:各回10名
申 込:当日各回30分前より受付(先着順)


ワークショップ「干支の押絵羽子板づくり」

日 程:12月3日(木)、6日(日)
時 間:午前の回10:00 ~ 12:30、午後の回13:30 ~ 16:00
内 容:ちりめんなどの絹を使い、2021年の干支「丑」のミニ羽子板(長さ約20cm)を作り
ます。
講 師:竹本京(人形作家)
対 象:中学生以上の方
費 用: 2,200円(材料費)
    ※高校生以上の方は観覧料もかかります
定 員:各回20名
持ち物:はさみ(布用と紙用)、ものさし、筆記用具、必要な方はメガネ等
申 込:電話予約 TEL027-360-6300 (10月31日(土)9:30より受付開始、先着順)



第46回企画展「首里織展-あけもどろに染まる美ら布- 」

沖縄の気候風土に育まれた多種多様な琉球織物で、紋織から絣に至るまで多彩に織られるのが首里織の特徴です。首里に伝わる洗練されたデザイン、繊細な織、華麗な色などが特徴の首里織について紹介します。

【関連行事】  ※今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、開催日時や関連行事等について変更になる場合があります。

ギャラリートークと機織り実演

日時:9月10日(木) 11:00~延期 
延期日程:10月4日(日)①11:00~、②13:00~、③14:00~
               ※②、③は機織り実演のみ
講師:ギャラリートーク 那覇伝統織物事業協同組合 理事長 赤嶺 真澄
   機織り実演 那覇伝統織物事業協同組合 副理事長 仲宗根 綾

琉球舞踊※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となりました。

日時:9月20日(日)13:00~
演目:かぎやで風、かせかけ、四つ竹、鳩間節
内容:沖縄の伝統的な舞踊を歌三線の伴奏で披露します。
定員:50名(先着順)
申込:予約不要(当日12:00より整理券を配ります)

機織り実演

日時:11月3日(火・祝)
①11:00~、②13:00~、③14:00~
内容:伝統工芸士、沖縄県工芸士による代表的な首里織の技法を実演します。

有料体験「花織りのコースター作り」

日時:9月22日(火・祝)、10月10日(土)、23日(金)10:00~16:00
費用:700円
講師:当館手織り講師
内容:通常の2枚綜絖に、糸綜絖を増やした花織り技法を用います。
対象:高校生以上
定員:各5名
申込:電話予約(8月12日(水)より受付開始、先着順)

無料体験「ステンシル染め体験」

日時:9月13日(日)、27日(日)、10月17日(土)、25日(日)
10:00~12:00、13:30~15:30
講師:当館職員
内容:沖縄をイメージしたオリジナル型紙を使ったステンシル染めを行います。
定員:各10名
申込:当日各回30分前より受付(先着順)


第93回特別展「学ぼうカイコ」

カイコの飼育量が全国一である群馬県、そんな群馬県にふさわしい施設として こども達に、カイコの生態から飼育方法など、カイコのいろいろなひみつを紹介します。

◆6月21日10:30更新◆
ダウンロード版リーフレットに記載している「こどもシルク教室」の日程について、近隣市町村の小中学校の夏休み縮小に伴い、7月の平日の日程を中止し、8月に振り替え日程を設けました。

【関連行事】 

カイコの飼育セットの販売

日時:7月23日(木・祝)、24日(金・祝) 10:00~16:00
販売:350セット(1セットあたり、カイコ12頭、人工飼料、飼育マニュアル、飼育ノートです。なおカイコ12頭のうち、4~5頭は黄色い繭になるカイコが含まれます。)
価格:600円
申込:要電話予約(6月17日(水)9:30から予約開始、先着順)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年開催しておりました「カイコの飼育教室」を中止します。今回は、カイコ飼育セットの販売のみとなりますので、ご不明な点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。

無料体験「カイコのペーパークラフト作り」

ペーパークラフト 日時:7月29日(水)、8月2日(日)、7日(金)、12日(水)、24日(月)、27日(木)10:00~12:00、13:30~15:30
内容:手軽に作れるカイコのペーパークラフトです。
定員:各回10名(先着順)
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:当日30分前より受付

無料体験「レトロなマグネット金魚」


日時:7月19日(日)、30日(木)、8月5日(水)、15日(土)、21日(金)、29日(土)
10:00~12:00、13:30~15:30
内容:絹のハギレを使って、和柄の金魚のマグネットを作ります。
定員:各回10名
申込:当日30分前より受付(先着順)

無料体験「絹のバッジ作り」


日時:8月1日(土)、10日(月・祝)、14日(金)、16日(日)、26日(水)
10:00~12:00、13:30~15:30
内容:絹のハギレを使って、くるみボタンのバッジを作ります。
定員:各回10名
申込:当日30分前より受付(先着順)

無料体験「桑くれ体験」

定員:開催期間中で、カイコの状況で可能な限り受けつけます。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)
申込:会場にて随時

毎日開催「解説員による特別解説会」

内容:開催期間中、午前11時から12時まで展示会場において毎日開催
します。
※その他の時間帯でも、随時受付可能です。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)

毎日開催「カイコを描こう!」

内容:カイコを観察しながら絵を描いてみてください。作品は、館内で掲示させていただ
きます。
費用:無料(高校生以上は観覧料が必要)

毎日開催「カイコクイズ(中学生以下対象)」

内容:ご来館の中学生までの方にクイズ用紙をお配りします。
カイコについてのクイズに答えて、記念品をゲットしてください。

第92回特別展「糸でいざなう悠久の美 荒木千恵子展」

群馬県桐生市で刺繍絵画家として作家活動を行う荒木千恵子さん。群馬県ふるさと伝統工芸士に認定されており、絵画と刺繍を組み合わせた刺繍絵画の第一人者です。新しい分野の横振刺繍を芸術的分野にまで広めた現代の名工、荒木千恵子さんの刺繍の世界をご堪能いただきます。

【会期】6月1日(月)~7月13日(月)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため5月31日まで臨時休館となり、本展についても当初5月16日~7月13日の会期を予定しておりましたが、開催を延期しておりました。

【関連行事】※今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況により、変更になる場合があります。

ギャラリートーク

講 師:荒木千恵子
内 容:制作の背景と作品を解説します。
日 時:6月27日(土)
11:00~11:30
参加費:無料(高校生以上は要観覧料)
申 込:不要

染色体験「猫と蝶の筒描き染手提げバッグ」

講師:当館染色講師
内容:荒木千恵子さんの作品「蝶と遊ぶ」にちなみ、猫と蝶をモチーフにしたデザインの絹の手提げバッグを染色します。
期日:①6月8日(月)、②20日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回5名
参加費:1,200円(高校生以上の方は観覧料も必要)
申込:要電話予約(申込は4月20日(月)より受付開始、先着順)
手提げ2

無料体験「紙刺繍のしおり作り」

講師:当館職員
内容:絹糸を厚紙に縫い込み、しおりを作ります。
日程:①6月28日(日)、②7月4日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回20名
参加費:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:当日各回30分前より受付、先着順
紙刺繍のしおりチラシ用

第45回企画展「若槻せつ子コレクション 錦舞う打掛とキモノドレス」【中止】

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本展および関連行事は中止することとなりました。
(令和2年4月13日更新)

本展では、刺繍・織り・染色・金彩など匠の手仕事が凝縮された花嫁衣装「打掛を展示いたします。特に、昭和のバブル期に贅をこらして作られた逸品をご紹介し、世界に誇れる日本人の美意識の高さと着物文化の魅力をご堪能いただきます。合わせて、ファッションディレクター若槻せつ子による、打掛をリメイクした「キモノドレス」をご覧いただきます。打掛とキモノドレス、伝統と現代のセンスの融合を会場にてお楽しみください。

【関連行事】 ※全て中止


初日挨拶と展示解説会 【中止】

日時:4月10日(金)11:00~11:30
内容:企画展開催に際し、会場にて初日の挨拶および展示品の解説を行います。
講師:若槻せつ子
申込:不要、直接会場にお越しください。

トークプログラム「シルクとキモノ」 【中止】

日時:5月3日(日)①11:30~12:00、②13:00~13:30
内容:蚕が生み出す絹糸から作られた、「打掛」や「キモノドレス」の魅力について、展示品の見所と合わせてお話しします。お子様から大人の方まで、お気軽にご参加ください。
講師:若槻せつ子
申込:不要、直接会場にお越しください。

無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」 【中止】

日程:4月11日(土)、19日(日)、5月3日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 
内容:布用インクで絹のハギレ(ハガキサイズ程度)に吉祥模様を染めます。
講師:当館染色講師
対象:どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回20名
申込:予約不要、当日各回30分前より受付(先着順)
無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」

機織り体験「浮き織りコースター」 【中止】

日程:4月23日(木)、5月9日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 
内容:色鮮やかに染められた絹糸を使って、東京2020のエンブレムのモチーフにもなっている日本の伝統模様「市松模様」を入れたコースターを織ります。
講師:当館手織り講師
対象:中学生以上の方
参加費:600円(高校生以上の方は観覧料も必要)
定員:各回8名
申込:電話予約(3月28日(土)9:30より受付開始、先着順)
機織り体験「浮き織りコースター」

打掛試着体験 【中止】

日程:会期中毎日
時間:9:30~17:00
内容:当館が所蔵する打掛(成人女性用)を着衣の上から羽織っていただきます。その場でご自由に撮影していただくこともできます。
申込:不要