今回の展示 - 群馬県立日本絹の里

企画展「若槻せつ子コレクション 錦舞う打掛とキモノドレス」


本展では、刺繍・織り・染色・金彩など匠の手仕事が凝縮された花嫁衣装「打掛を展示いたします。特に、昭和のバブル期に贅をこらして作られた逸品をご紹介し、世界に誇れる日本人の美意識の高さと着物文化の魅力をご堪能いただきます。合わせて、ファッションディレクター若槻せつ子による、打掛をリメイクした「キモノドレス」をご覧いただきます。打掛とキモノドレス、伝統と現代のセンスの融合を会場にてお楽しみください。

【関連行事】

※関連行事に参加される方は観覧料がかかります。
※会場は全て日本絹の里です。
※新型コロナウイルス感染症の発生状況により、変更になる場合がございます。
 直前にホームページ等でご確認いただきますようお願い致します。

初日挨拶と展示解説会

日時:4月10日(土)①11:00~11:30、②13:30~14:00
内容:企画展開催に際し、会場にて初日の挨拶および展示品の解説を行います。
講師:若槻せつ子(ファッションディレクター)
申込:不要、直接会場にお越しください。

トークプログラム「シルクとキモノ」

日時:5月2日(日)①11:30~12:00、②13:30~14:00、③15:00~15:30
内容:蚕が生み出す絹糸から作られた、「打掛」や「キモノドレス」の魅力について、展示品の見所と合わせてお話しします。お子様から大人の方まで、お気軽にご参加ください。
講師:若槻せつ子
申込:不要、直接会場にお越しください。

機織り体験「手織りの匂い袋作り」

日程:4月22日(木)、5月1日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30 
内容:絹糸で布を織り、袋状に縫って香料を入れて匂い袋(10×4㎝程度)を作ります。
   ※簡単な手縫いの工程があります。
講師:当館手織り講師
対象:中学生以上の方
定員:各回5名
参加費:700円(高校生以上の方は観覧料も必要)
申込:電話予約(3月27日(土)9:30より受付開始、先着順)


無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」

日程:4月18日(日)、24日(土)、5月8日(土)
時間:①10:00~10:30、②11:00~11:30、③13:30~14:00、④14:30~15:00 
内容:布用インクで絹のハギレ(ハガキサイズ程度)に吉祥模様を染めます。
講師:当館染色講師
対象:どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回6名
申込:予約不要、当日各回30分前より受付(先着順)
無料体験「吉祥模様の金色ステンシル染め」

無料体験「市松もようの和布コースター作り」

日程:4月29日(木・祝)、5月5日(水・祝)
時間:①10:00~10:30、②11:00~11:30、③13:30~14:00、④14:30~15:00 
内容:厚紙に着物のきれを貼ってコースターを作ります。
講師:当館職員
対象:どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要)
定員:各回6名
申込:会場にて当日各回30分前より受付(先着順)