トップ次回の展示

次回の展示一覧

2022.06.23

「カイコの飼育セット」予約状況

日本絹の里では、7月16日(土)~8月29日(月)まで、特別展(夏休みこども展)「学ぼうカイコ」を開催します。関連行事の7月23日(土)・24日(日)の「カイコの飼育教室」については、全ての日程が満員となりました。引き続き「カイコ飼育セットの販売」については受け付けております。よろしくお願いい. . .

続きを読む →

2022.06.10

企画展「ワークショップ」のご案内

企画展「百色百型 江戸小紋の世界」の関連行事として開催します、ワークショップ「江戸小紋型付け体験」をご紹介します。反物の絹地に金のりを使って、型付けをする体験ができます。6月17日(金)・18日(土)に開催予定ですが、時間帯によってはまだ空きがございます。藍田染工(有)の職員が直接指導し. . .

続きを読む →

2022.05.25

特別展(夏休みこども展)「学ぼうカイコ」のご案内

日本絹の里では、7月16日(土)~8月29日(月)まで、特別展(夏休みこども展)「学ぼうカイコ」を開催します。カイコの飼育量が全国一である群馬県、そんな群馬県にふさわしい施設として、夏休みのこども達にカイコの生態から飼育方法など、カイコのいろいろなひみつを紹介します。毎年大好評の「カイコ飼育セットの. . .

続きを読む →

2022.04.27

企画展「百色百型 江戸小紋の世界」のご案内

日本絹の里では、令和4年5月28日(土)から7月11日(月)まで、企画展 「百色百型 江戸小紋の世界」を開催します。型紙を用いて、繊細な模様が染め抜かれている「江戸小紋」。洒落の効いた遊び心ある多種多様な型。それを染める百色。そこには、様々な意味が込められています。秘められた江戸小紋の魅力をご紹介. . .

続きを読む →

2022.03.02

特別展「桐生織の伝統工芸士展~伝統と創造~」のご案内

日本絹の里では、令和4年4月16日(土)から5月23日(月)まで、特別展 「桐生織の伝統工芸士展~伝統と創造~」を開催します。桐生市は、昔から「西に西陣(京都)、東に桐生」と称されるほど絹織物が盛んであり、織物の町として日本の織物産業を支えてきました。昭和52(1977)年には、国の伝統的工芸品に. . .

続きを読む →

2021.12.19

特別展「まゆクラフトと絹の作品展」のご案内

日本絹の里では、令和4年2月19日(土)から4月11日(月)まで、特別展 「まゆクラフトと絹の作品展」を開催します。本展では、繭の丸みや表面の凹凸など、繭の特性を活かして作るまゆクラフト作品を一般公募し、繭の優れた魅力を皆様にご紹介いたします。また、伝統技法等により染織などの作品を創作している工. . .

続きを読む →

2021.12.16

第23回 群馬の絹展のご案内

日本絹の里では、2/10(木)~ 2/14(月)に第23回 「群馬の絹展」を開催します。この5日間は観覧料無料となっております。この機会に、ぜひご来館ください。※例年開催しております「きもの着付け体験」に関しましては、新型コロナウイルス感染症対策のため、例年と開催方法を変え、予約制・定員制で行. . .

続きを読む →

2021.10.19

特別展「齋藤定夫展 ~伊勢崎に機の音を鳴らし続ける~」のご案内

日本絹の里では、12月18日(土)~2月6日(日)まで、特別展「齋藤定夫展 ~伊勢崎に機の音を鳴らし続ける~」を開催します。伊勢崎絣の生産工程の全てを自ら行い、「括り絣」や「板締め絣」の技法で糸を染め分け、手織りならではの技術で繊細な織物の意匠を追求している齋藤定夫さんの作品を紹介します。

2021.09.01

企画展「ちりめん創作人形展~はなものがたり~」のご案内

日本絹の里では、令和3年10月23日(土)から12月13日(月)まで、企画展「ちりめん創作人形展~はなものがたり~」を開催します。本展では、ちりめんや着物の古ぎれを使用し、日常の風景をテーマにした人形を制作している高崎市在住の人形作家・竹本京さんの作品を中心とした展覧会です。今回は、「はな~花・. . .

続きを読む →

2021.07.17

「カイコ飼育セット」予約受付終了のお知らせ

日本絹の里では、7月24日(土)・25日(日)に特別展「学ぼうカイコ」の関連行事として「カイコ飼育セット」の販売を行います。6月16日の予約開始以来、沢山のご予約をいただきまして、予定していた350セットを超える400セットまで予約を受け付け、本日、400セットに達しましたので、予約受付を終了しま. . .

続きを読む →