入館制限の一部解除とショップ臨時休業継続のお知らせ

群馬県立日本絹の里では、3月5日から5月31日まで感染症拡大防止のため臨時休館しておりましたが、
6月1日(月)より、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を講じた上で、開館しております。
当初、群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライン」に基づき、「東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道からの往来ご遠慮のお願い」をしておりましたが、6月19日(金)のガイドラインの段階移行に合わせ、全ての県からお出かけいただけるようになりました。
◆6/19・14:30追記◆ 展示館内に滞在する入館者数の上限を20名から30名に変更しました。


入館される際には、皆様に安心して楽しんでいただくため、当館が定めました「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策」を遵守していただきますので、ご協力をお願いいたします。

① 展示館内に滞在する入館者数の上限を30名と制限し、30名以上となった場合には、整理券をお配りし、お待ちいただきます。
② 「健康状態申告書」の記入
③ 体温による発熱の有無の確認(職員が非接触型体温計で検温します)
④ マスクまたは口を覆うことができるものを着用し、手指の消毒を行う
⑤ 発熱、咳等の症状のある方は利用をご遠慮ください
⑥ ほかの人と適当な距離(2m程度)を保つ
⑦ 不要な滞留をしない

なお、シルクショップについては引き続き、臨時休業させていただきます。
※当館図録・繭・染色体験用の白生地(スカーフ等)のみ販売を行います。

ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力を賜りたく、よろしくお願いいたします。

令和2年6月19日
群馬県立日本絹の里

カテゴリー: 最新情報   パーマリンク